ドライバー募集

チームでは、耐久レースに出場を希望するドライバーを公募しています。

自動車レースは誰でもできる類のスポーツではありませんが、やる気とチャンスに恵まれた方からのアクセスを待っています。

こんな人が向いているかもしれません。

  • 子供のころからスポーツに親しんでいる
  • パラスポーツでの上位入賞歴がある
  • レース経験者

モータースポーツの危険性

モータースポーツは危険性の高いスポーツです。本人のミスは本人だけでなく、他のドライバーの命を危うくすることがあります。

レース中は、障害者と健常者の区別はありません。走行中は誰もが孤独で、自分のことは自分にしかできません。

特に事故や車両トラブルでの車両火災では、ドライバー本人の責任において、車両から脱出しなければなりません。

衝突の影響でドアが開かないことも珍しくありません。そんな緊急時であっても、窓ガラスを割って、窓から自力で車外へ脱出することが不可欠であり、なおかつ脱出できる身体能力が必要です。

この身体能力を獲得、また維持のためには、ジムなどの施設での日々のトレーニングは欠かせません。

特に、当会の車両はナンバー無しのレース専用車両です。火災はいつ起こっても不思議ではありません。

ドライバーの資格

身体障害者手帳を持っていること。
肢体不自由が理由の身体障害者手帳が必要です。等級は問いません。
自動車免許を持っていること。
自動車免許証を持っていること。また身体障害が適正に評価された内容であること。(臨時適性検査の実施や免許条件など)
以下のいずれかの経験を有すること
  • 1、JAFドライバーライセンスA以上所持者(必要に応じて脱出試験を受けている事)
  • 2、国内のグレード1サーキットのコースライセンス所持者で、なおかつ定期的にスポーツ走行を行っていること。
  • 3、JAF公認レース・MFJ公認レース経験者(カートは含まない)
その他の要件
チームワークを重視できる協調性。

挑戦希望者は、年間1度設定されるテスト走行に参加し、最終的に出場の可否を判断します。

必要とされる身体能力

  • 上肢の筋力(特に片手でハンドル操作をする人)
  • バランス感覚(下肢麻痺がある場合は特に)